漢方の不妊専門サイトです。人工授精、体外受精、顕微授精などと併行して、漢方で妊娠しやすい身体づくりを応援します。

フリーダイヤル:0120-101-472 電話:03-3818-0371

漢方で妊娠しやすい体づくり

漢方で妊娠しやすい体づくり

不妊と漢方2漢方医学では、妊娠・出産には“妊娠しやすい体づくり”が重要であり基本であると考えます。心身ともに健康で、正しい生理があれば、赤ちゃんも授かりやすいということです。

妊娠しやすい体づくりとは、体のエネルギーである“気(き)”と良質な血液である”血(けつ)”が充実していること、生殖能力・生命力の源である“腎精(じんせい)”が十分に機能していること、気血の巡りがスムーズであることが必要であると考えます。

これらのバランスが崩れたり、不足したりすると、妊娠力の低下につながり、不妊の大きな原因となります。最近では「35歳からの卵子の老化」という言葉もよく聞かれるようになりました。

毎月の生理の状態は、卵巣や子宮の状態を表すバロメーターであり、漢方相談では重要な情報です。また、御主人様の精子が元気であることも無視できません。

不妊と漢方3中医学では長い歴史の中で、「不妊」に対し、臨床が繰り返され、不妊症をどのように克服するかの研究が進められてきました。体外受精、顕微授精との併用も増えてきています。

後楽堂薬局では、中医学の考えに基づき、症状や体質、今までの経過などを詳しく伺い、漢方医学的な立場から不妊の原因を分析し、お体に合ったお薬をご提案いたします。

ご相談いただいた方の「健康」と「幸せ」のお手伝いができるよう、後楽堂薬局は全力で取り組んでいます。

一覧へ戻る